ぽっちゃん計画のブログ

果たして花咲くかフラワーバレンタイン。(産業振興編)

最近、ネット記事などで「フラワーバレンタイン」なる新たな催物が画策されていることを知りました。世相を前進させようとする気概が発想の中から少しばかり感じられました。なかなかに良い試みとして私もこのブログで応援しようと思い立ちましたので、今朝はそのことについて筆を握らせていただきます。

 

毎年のバレンタインデーは女性から意中の男性に対してチョコレートをプレゼントする日であるとされているのは皆さんもご存知の通りです。

ところがフラワーバレンタインは、男性から女性に対して花を贈り気持ちを伝えるのが世界の通例であるとしてそれを日本にも広めようとする試みであるらしいのです。

「良い試み」としたのは、これは中々実行できるものではないなと感じたからです。一見商業的な色合いが濃いのではと思いきや実はかなりの範囲において情緒的なものを要求されており、それは花を差し出す勇気と同じくらいに自らの取り柄と成し難いものではないでしょうか。

また、鮮やかな画面を纏(まと)いつつも「さぁ、貴方達には出来ますか?」というような、いわゆる「粋」なものも感じられて楽しいのです。

 

私は何を言おうとしているのか。

企画の仕掛け人は当然に花卉を扱う業者とも考えられます。甑島でも当企画に乗せられるような花の栽培が出来たらよいな、というような野暮な話しは今日は抜きにして、果たしてこれに素直に乗れるような「軽やかな男性」が果たしてどれくらい日本にいるのかというのが今日の焦点です。

貴方が女性に花を差し出す場面をここで想像してみましょう。花束に貴方の気持ちを込めることは可能でしょうか。

 

花の似合う男性が日本には一体どれくらいの割合で存在するのか?という皮肉めいた事をここで申したいわけではございません。つまり我々が問うべきなのは「花の似合う男性はどれくらいいるのか?」ではなくて、「花を愛でる気持ちの分かる男性は果たしてどれくらいいるのか?」という所なのではないでしょうか。

花が飾りとしてあるのではなく、花と共にある。

 

女性の代わりに花を好きになりなさいと言っているわけではありませんので誤解無きようにお願いします。

種から育てよと言っているわけではないので誤解無きようにお願いします。

前日に花束を買って一晩は自分の家で眺めよと言っているわけではございませんので誤解無きようにお願いします。

団子を副えて話しを紛らわせなさいと言っているわけでもありません。

 

普段、貴方にとって花が如何に身近な存在であり得たのか。花とのお付き合いも人間同士のお付き合いと本質的には変わらず、いつも花と添いたいとする意識的な親密さが、いざ花束を渡した貴方の恋路を後押ししてくれるのかもしれません。

 

今日は2月14日、伝統的バレンタインデーの日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

投稿者

セミナー応募に関するお問い合わせはコチラから

しずくの学校セミナーのご案内

しずくの学校が実施する全てのセミナーは、薩摩川内市に在住の方なら、どなたでも受講頂けます。受講料は無料です。気になるセミナーや、疑問・質問のある方はぽっちゃん計画室までお気軽にお電話ください。

総務セクション
〒895-8650
薩摩川内市神田町3-22
市役所 観光・シティセールス課内
0996-23-5111
[担当:二木(フタキ)/内線4387]
上甑島セクション
〒896-1101
薩摩川内市里町里1619-7
甑島観光案内所内
09969-3-2711
[担当:横路]
下甑島セクション
〒896-1411
薩摩川内市下甑町長浜913-3
消防局分駐所内 会議室
09969-5-0030
[担当:植村]